洋野町の予防接種について

公開日 2022年05月16日

洋野町で実施する予防接種は以下のとおりです。対象年齢内に忘れずに接種しましょう。

 

対象者及び接種方法など


(1)予防接種の種類及び対象者一覧

予防接種対象者一覧表(R4.4.1).pdf(63KB)

予防接種対象者一覧.jpg

  

 

 

(2)接種できる医療機関
 指定の医療機関で個別接種になります。

 ※HPVワクチン、インフルエンザ予防接種、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種、おたふくかぜワクチンは、定期予防接種医療機関とは異なります。対象者へは個別通知にてお知らせします。

R4 定期予防接種指定医療機関(R4.4.1現在).pdf(106KB)

 

 (3)持ち物

 母子手帳(子どもの場合)、予診票
 保健センターから発行の予診票が必要です。無い場合は、再発行できますので、各保健センターにお問い合わせ下さい。
 

  

(4)おたふくかぜワクチンについて

 町では、任意接種のおたふくかぜワクチンの接種費用を助成しています。対象お子さんには、出生届や転入の手続きの際に保健センターで予診票をお渡しいたします。

おたふく洋野町からのお知らせ.pdf(186KB)

 おたふく契約医療機関一覧表(R4).pdf(141KB)

 

 (5)日本脳炎予防接種

・平成14年4月2日から平成19年4月1生まれで、1期・2期(全4回)の接種が終了していない方は、20歳未満までの間、無料で接種を受けることが出来ます。

・平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれで、1期(全3回)の接種が終了していない方は、9歳以上13歳未満であれば、無料で接種を受けることができます。

 

(6)高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

 高齢者肺炎球菌ワクチンは、一度接種すると効果が5年程度持続すると言われています。また、接種後5年以内に再接種すると注射部位の痛みなどの副反応が強く出現する恐れがありますので、2回目以降の再接種を希望される場合は、主治医とご相談ください。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンについて

 子宮頸がんを予防する方法のひとつに、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防することが挙げられます。

 HPVの感染を防ぐHPVワクチンは、平成25年6月に積極的勧奨を差し控えていましたが、令和4年度より積極的勧奨が再開になりました。

 洋野町では、対象者へは個別通知にてご案内をいたしましたので、内容をご確認ください。

 接種する際には、厚労省のリーフレットや予防接種に関する説明書をよくお読みいただき、有効性とリスクを理解した上で接種ください。

 

(1)通知対象者

【1】定期接種対象者

中学1年生~高校1年相当(平成18年4月2日~平成22年4月1日)の女性

・小学6年生も接種対象者ですが、標準的な接種対象者である中学1年生から通知しています。

【2】キャッチアップ対象者

高校2年相当~25歳(平成9年4月2日~平成18日4月1日)の女性で、過去に子宮頸がんワクチンを合計3回接種していない方

・積極的勧奨の差し控えにより、上記対象年齢で接種機会を逃した方(キャッチアッフ゜対象者)は、未接種分について、令和4年4月から令和7年3月まで、定期接種として無料で接種できます。

・接種前に、母子手帳で過去の接種歴をご確認いただき、残りの回数を同じ種類のワクチンを接種してください。

・キャッチアップ接種の実施期間は令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間です。

       

(2)接種回数

 接種回数は3回です

 

(3)ワクチンの種類

 ワクチンは2種類あります。どちらを接種するか主治医とご相談のうえ接種してください。

 〈1〉サーバリックス(2価)

 2回目:1回目から1か月の間隔で接種

 3回目:1回目から6か月の間隔で接種

 〈2〉ガーダシル(4価)

 2回目:1回目から2か月の間隔で接種

 3回目:1回目から6か月の間隔で接種

 

(4)HPVワクチン医療機関

 指定の医療機関で接種して下さい。指定医療機関以外でご希望の場合は、保健センターまでお問い合わせください。

R4 HPVワクチン接種医療機関一覧.pdf(110KB)

  

(5)各HPVワクチンに関するお知らせ・リンク

【厚労省】HPVワクチン定期接種に関するお知らせ(概要版).pdf(4MB)

【厚労省】HPVワクチンキャッチアップ接種に関するお知らせ.pdf(13MB)

 

 ・ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~(厚労省)

 

 ・HPVワクチンに関するQ&A(厚労省)

 

 

他の市町村で接種を希望する方へ

 保護者の里帰り等のために、洋野町の指定医療機関で接種できない場合は、事前に各保健センターにお問合せください。

 

(1)岩手県内の他市町村で接種を希望する場合

 洋野町が発行する「岩手県広域接種パスポート」が必要です。接種料金は無料です。

  岩手県広域接種パスポート

 

(2)指定医療機関や岩手県内の市町村以外で接種を希望する場合

 償還払いにより、接種費用を助成します。予防接種の種類によっては、全額助成にならない場合もあります。

 

(3)洋野町以外に住民登録している方が洋野町で予防接種を希望する場合

 住民登録のある市町村の担当課へご相談ください。

 

 

新型コロナウイルス感染症に感染後の予防接種について

 新型コロナウイルス感染症に感染後、予防接種を打つまでに数か月の期間を空けなければならないことがあります(期間についてはかかりつけ医にご相談ください)。そのために、予防接種を対象期間に接種できないことが想定されます。そのような場合には、各保健センターにお問い合わせください。

 

<関連記事>

 新型コロナワクチンに関する情報

 新型コロナワクチン接種インターネット予約

 

この記事に関するお問い合わせ

町長部局・その他施設 健康増進課
郵便番号:028-7914
住所:岩手県九戸郡洋野町種市22-1-1
TEL:0194-65-3950
FAX:0194-65-3968

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください

このページの先頭へ戻る