○洋野町体育施設条例

平成18年1月1日

条例第171号

(設置)

第1条 体育の普及振興を図り、町民の心身の健全な発達に寄与するため、体育施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 体育施設の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(職員)

第3条 前条に規定する体育施設を管理するため、各施設に必要な職員を置く。

(利用許可)

第4条 体育施設を利用しようとする者は、洋野町教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も、同様とする。

2 教育委員会は、体育施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(許可の制限)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、利用の許可をしないことができる。

(1) 公益に反すると認めるとき。

(2) 施設又は設備等を損傷し、又は汚損するおそれがあると認めるとき。

(3) その他管理上支障があると認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、第4条の規定によってした許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は行為の中止若しくは体育施設からの退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例の規定に基づく処分に違反したとき。

(2) この条例の規定による利用許可に付した条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により、この条例の規定による許可を受けたとき。

(4) その他公益上やむを得ない必要が生じたとき。

(入場制限)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、体育施設への入場を拒否し、又は退場を命ずることができる。

(1) 酒気を帯びていると認められる者

(2) 感染症の疾病にかかっていると認められる者

(3) 他人に危険を及ぼし、又は迷惑となる行為若しくはそのおそれのある者

(4) その他管理上不適当と認められる者

(原状回復)

第8条 利用者は、体育施設の利用を終わったとき、又はこの条例の規定による利用の許可を取り消されたときは、直ちに利用した場所を原状に回復しなければならない。

(使用料)

第9条 利用者は、別表第2に定める使用料を納付しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、町民が体育の普及振興のために洋野町種市運動場、洋野町大野運動場及びオーシャン・ビュー・スタジアムを利用するときは、無料とする。ただし、夜間照明設備、放送設備及びスコアボード使用料は除くものとする。

3 前2項に規定する使用料は、許可の際に徴収する。

(使用料の減免)

第10条 町長は、必要があると認めるときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第11条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 体育施設の維持管理のため、教育委員会が利用の許可を取り消したとき。

(2) 利用者の責めに帰することができない理由により、利用できなかったとき。

(3) その他教育委員会が特別の理由があると認めるとき。

(損害賠償の義務)

第12条 故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失した者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(管理の委託)

第13条 体育施設の管理については、町長が適当と認める公共的団体に委託することができる。

(運営委員会)

第14条 体育施設の運営について審議するため、洋野町体育施設運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員の定数は、10人以内とする。

3 委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 運営委員会に、委員長及び副委員長を置く。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の種市町体育施設条例(昭和54年種市町条例第12号)、種市町B&G海洋センター条例(平成元年種市町条例第23号)、種市町屋内温水プール設置条例(平成5年種市町条例第9号)、大野村民体育館条例(昭和55年大野村条例第12号)、大野村民運動場条例(昭和57年大野村条例第7号)又は社会体育プール条例(昭和57年大野村条例第13号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までに利用の許可を受けた施設等に係る使用料は、なお合併前の条例の例による。

(平成26年3月14日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第5条、第12条、第21条及び第27条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例(以下「改正後のそれぞれの条例」という。)の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に納付すべきものについて適用し、施行の日前日までに納付すべきものについては、なお、従前の例による。

(令和元年9月27日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第5条、第12条及び第20条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例(以下「改正後のそれぞれの条例」という。)の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に納付すべきものについて適用し、施行の日前日までに納付すべきものについては、なお、従前の例による。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

洋野町種市体育館

洋野町種市第23地割27番地

洋野町大野体育館

洋野町大野第60地割7番地

林郷地区社会体育館

洋野町大野第49地割34番地

明戸地区社会体育館

洋野町大野第29地割6番地6

洋野町種市運動場

洋野町種市第21地割188番地

洋野町大野運動場

洋野町大野第57地割1番地62

洋野町種市屋内温水プール

洋野町種市第24地割75番地

帯島地区社会体育プール

洋野町帯島第5地割15番地

大野地区社会体育プール

洋野町大野第60地割40番地2

洋野町種市武道館

洋野町種市第23地割27番地1

オーシャン・ビュー・スタジアム

洋野町種市第21地割41番地

宿戸スポーツセンター

洋野町種市第7地割117番地83

洋野町種市B&G海洋センター

洋野町種市第22地割133番地1

別表第2(第9条関係)

(令元条例12・全改)

(1) 種市体育館

ア 施設使用料

利用時間

利用区分

9時から12時まで

12時から17時まで

17時から22時まで

9時から17時まで

12時から22時まで

9時から22時まで

摘要

競技場(ステージ・控室・観覧席を含む。)

貸切りの場合

入場料を徴収しない場合

アマチュアスポーツ文化的行事

550円

880円

1,650円

1,440円

2,540円

2,750円


その他

1,100円

1,650円

3,300円

2,750円

4,950円

5,500円


入場料を徴収する場合

興業を目的としない場合

アマチュアスポーツ文化的行事

2,200円

3,300円

4,400円

5,500円

7,700円

8,800円


その他

3,300円

4,400円

5,500円

7,700円

9,900円

11,000円


興業を目的とする場合

7,700円

11,000円

16,500円

18,700円

27,500円

33,000円


町内の小・中・高校が利用する場合

アマチュアスポーツ文化的行事

550円

660円

770円

1,100円

1,320円

1,650円


その他

1,100円

1,650円

1,980円

2,200円

3,300円

4,400円


貸切り以外の場合

団体

児童・生徒

210円

320円

320円

630円

630円

950円

20人以上20人までごとに

大学・一般

320円

320円

320円

630円

630円

950円


個人

児童・生徒

20円

20円

20円

40円

40円

60円


大学・一般

30円

30円

30円

60円

60円

90円


会議室

220円

220円

220円

440円

440円

660円


更衣室

220円

220円

220円

440円

440円

660円

1室につき

イ 設備使用料

名称

利用区分

使用料

摘要

入場料を徴収しない場合

入場料を徴収する場合

放送設備(含放送室)

一式

午前、午後、夜間1回につき

550円

1,100円


舞台照明設備

1,100円

1,650円


ピアノ

550円

1,100円


スチーム暖房

1時間までごとに

330円

440円


シャワー

1人1回につき

10円

15円


ストーブ

1台1時間までごとに

15円

20円


特別電気料(持込み)

1kW1時間までごとに

10円

20円


ウ 特別使用料

貸切利用の場合において、9時以前又は22時以後に利用するときの料金は、17時から22時までの施設使用料の1時間当たりの額に利用時間数を乗じて得た額(30分以上は1時間とし、30分未満及び10円未満の端数は切り捨てる。)を徴収する。

※「入場料を徴収する場合」とは、入場料、会費若しくはこれに類する料金を徴収する場合又は営業の宣伝その他これに類する目的をもって催しを行う場合をいい、「入場料を徴収しない場合」とは、それ以外の場合をいう。

(2) 大野体育館、林郷地区社会体育館及び明戸地区社会体育館

ア 施設使用料

区分

9時から12時まで

12時から17時まで

17時から22時まで

9時から17時まで

12時から22時まで

9時から22時まで

貸切りの場合

アマチュアスポーツ及び文化的行事に利用する場合

1,080円

1,620円

2,160円

2,700円

3,780円

4,860円

その他の催しに利用する場合

3,240円

5,400円

7,560円

8,630円

10,790円

15,100円

貸切り以外の場合

児童・生徒

1回1人につき 30円

大学・一般

1回1人につき 50円

備考

1 児童及び生徒が貸切利用する場合においては、普通使用料の額の2分の1の額とする。

2 1回の利用時間は、3時間を限度とする。

3 貸切利用する場合において、入場料、会費若しくはこれらに類する料金を徴収する場合又は営業の宣伝その他これに類する目的をもって催しを行う場合の使用料は、普通使用料の額の3倍の額とする。

4 貸切利用の場合において、利用時間がやむを得ない理由によりあらかじめ許可された利用時間を超えるときは、その超える時間1時間につき9時前及び22時後のときは17時から22時までの、9時から12時までのときは9時から12時までの、12時から17時までのときは12時から17時までの、17時から22時までのときは17時から22時までの区分の使用料の額の1時間当たりの額を加算した額とする。

この場合において、1時間未満の端数があるときは、30分以上は1時間とし、30分未満は切り捨てる。

イ 設備使用料

名称

使用区分

使用料

摘要

放送設備

一式1時間までごとに

330円


舞台照明

540円


会議室

1室1時間までごとに

100円

ミーティング室含む

備考 電気料、暖房料等特別に電気器具を利用する場合又は暖房を利用する期間においては、実費を基準として町長が定める額を別に徴収する。

ウ 行商その他これらに類する行為をする場合の使用料 1人1時間までごとに100円

(3) 種市運動場

ア 施設使用料

利用区分

使用料(1時間までごとに)

摘要

テニスコート

280円

1コートにつき

クラブハウス(更衣室)

110円


陸上競技場

1,100円


野球場

1,100円


役員席(野球)

110円


放送設備

110円


夜間照明設備

370円

1区画につき

イ 設備使用料

電気料

備付以外の電気器具を使用する場合は、1個1時間につき50円

時間外使用料

9時から17時までの時間以外の時間に利用する場合は、使用料の3割

備考 10円未満の端数が生じた場合は、切り上げる。

(4) 大野運動場

ア 施設使用料

区分

使用料

アマチュアスポーツに利用する場合

1時間ごとに 540円

その他の催しに利用する場合

1時間ごとに 1,620円

行商その他これに類する行為に利用する場合

1平方メートルにつき 220円

イ 設備使用料

(1) 附属の施設又は設備を利用する場合 1件又は一式ごと1時間までごとに540円の範囲内で町長が定める額

(2) 備付以外の電気器具を使用する場合 実費を基準として町長がその都度定める額

(5) 種市屋内温水プール

ア 一般利用の場合の使用料

プール

区分

一般

高校生

小・中学生

幼児

普通利用

(1回につき)

320円

210円

150円

100円

回数利用

(10回につき)

2,840円

1,930円

1,380円

920円

団体利用

(1人1回につき)

210円

150円

100円

50円

トレーニングルーム

区分

一般

高校生

中学生

普通利用

(1回2時間につき)

210円

150円

100円

回数利用

(10回につき)

1,930円

1,380円

920円

備考

1 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳及び知的障害者療育手帳の交付を受けている者及びこれらの介護を行う者が利用しようとする場合は無料とする。

2 団体利用の使用料は、10人以上で責任者のあるものに適用する。

3 トレーニングルームの利用は中学生以上とする。ただし、中学生の利用は指導監督者がある場合に限るものとする。

4 幼児が利用する場合は、成人同伴者を必要とする。

イ 貸切利用の場合の使用料

区分

1コース1時間当たり

貸切利用(1回につき)

2,520円

備考

1 貸切利用は、プールに限るものとする。

2 日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の貸切りは3割増しとする。

(6) 帯島地区社会体育プール、大野地区社会体育プール

区分

9時から12時まで

12時から15時まで

15時から18時まで

18時から20時まで

個人使用

小・中学生

100円

100円

100円

100円

高校生・一般

220円

220円

220円

220円

専用使用

2,160円

3,240円

2,700円

2,160円

備考 幼児に係る使用料は、無料とする。

(7) 種市武道館

利用区分

使用料(1時間までごとに)

摘要

入場料を徴収しない場合

アマチュア競技に利用

110円


その他

330円


入場料を徴収する場合

アマチュア競技に利用

330円


営利を目的とする場合

5,500円


その他

880円


個人利用

(1人当たり)

児童・生徒

10円


大学・一般

20円


電気使用料

880円


暖房使用料

1,650円


(8) オーシャン・ビュー・スタジアム

利用区分

施設使用料

附属設備使用料

摘要

夜間照明設備

放送設備

スコアボード

入場料を徴収しない場合

アマチュア野球等に利用

児童・生徒

550円

1時間までごとに

3,300円

1試合ごとに

550円

1試合ごとに

1,100円


大学・一般

1,100円

その他

3,300円

入場料を徴収する場合

アマチュア野球等に利用

児童・生徒

1,650円

大学・一般

3,300円

その他

16,500円

1時間までごとに

16,500円

1試合ごとに

2,750円

1試合ごとに

5,500円

備考

1 施設使用料は、1時間を単位とする。この場合において1時間未満の端数があるときは、30分以上は1時間とし、30分未満は切り捨てる。

2 「入場料を徴収する場合」とは、入場料、会費若しくはこれらに類する料金を徴収する場合又は営業の宣伝その他これらに類する目的をもって催しを行う場合をいい、「入場料を徴収しない場合」とは、それ以外の場合をいう。

(9) 宿戸スポーツセンター

利用区分

使用料(1時間までごとに)

摘要

入場料を徴収しない場合

アマチュア競技に利用

110円


その他

330円


入場料を徴収する場合

アマチュア競技に利用

330円


営利を目的とする場合

5,500円


その他

880円


電気使用料

880円


暖房使用料

1,650円


(10) 種市B&G海洋センター

区分

使用料

艇庫

器材名

単位

小学生

中学生

高校生

一般

デインギー

一艇1時間までごと

110円

220円

カヌー

110円

220円

ローボート

110円

220円

ドラゴンボート(船外機等による牽引)

1回15分までごと

1,650円

備考 団体利用(10人以上)の場合、2分の1の額とする。

洋野町体育施設条例

平成18年1月1日 条例第171号

(令和元年10月1日施行)