統一的な基準に基づく財務書類の公表について(平成30年度)

2020年4月24日

 「統一的な基準による地方公会計の整備促進について」(平成27年1月23日総務大臣通知)に基づき、財務4表等を作成しましたので公表します。
 現在の予算・決算制度は、現金収支を議会の民主的統制下に置くことで、予算の適正・確実な執行を図るという観点から、「現金主義会計」を採用してきました。
 今回の「統一的な基準に基づく財務書類」は、上記の現金主義会計を補完するものであり、「発生主義・複式簿記」により作成した貸借対照表及び行政コスト計算書等により構成されております。
 これにより、現金主義では見えにくい減価償却費・退職手当引当金といったコスト情報や、資産・負債といったストック情報が「見える化」され、限られた財源を「賢く使う」取り組みに有用な財務書類となっています。
 内容については、添付ファイルをご参照ください。

 

 

01-1 H30財務四表(一般会計等).xlsx(61KB)01-2 H30注記(一般会計等).pdf(177KB)

02-1 H30財務四表(全体会計).xlsx(61KB)02-2 H30注記(全体会計).pdf(153KB)

03-1 H30財務四表(連結会計).xlsx(62KB)03-2 H30注記(連結会計).pdf(171KB)

04財務書類の見方.pdf(412KB)

お問い合わせ

総務課
種市庁舎3階
電話:0194-65-5911