「障害者総合支援法」の対象疾病が拡大されました

2015年8月25日

 平成2771日から「障害福祉サービス等※」の対象となる疾病が、151から332疾病に拡大されました。対象となる人は、障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)を持っていなくても、必要と認められた支援が受けられます。

 ※障がいのある人・障がいのある児童は、障害福祉サービス・相談支援・補装具および地域生活支援事業(障がいのある児童は、障害児通所支援と障害児入所支援も含む)

    

■手続き方法

 対象疾病に罹患していることがわかる証明書(診断書など)を持参し、福祉課または総合サービス課に申請してください。障害支援区分の認定や支給決定などの手続き後、必要と認められたサービスを利用できます。

 

■問い合わせ先

 福祉課(種市庁舎) 電話 65-5915

 総合サービス課(大野庁舎)電話 77-2112

 

[関連リンク]

 害者総合支援法の対象疾病(難病等)【厚生労働省ホームページ】

 

お問い合わせ

福祉課
種市庁舎1階
電話:0194-65-5915