保育所給食用食材の放射性物質の検査結果について

2015年3月20日

  町では、『洋野町保育所給食用食材の放射性物質測定方針』を策定し、入所児童の健康と安全を守るため、給食に使用する食品の放射性物質の測定を行っています。

◆測定対象食品
  産直や個人出荷などから直接仕入れる地場産物とします。ただし、市場に流通しているもの及び加工食品等も測定対象とする場合があります。

◆測定後の措置  
  放射性物質は、一般食品の場合20ベクレル/kg以下を、牛乳及び乳児用食品の場合10ベクレル/kg以下を、それぞれ不検出と表記します。
 また、一般食品で50ベクレル/kgを、牛乳及び乳児用食品で25ベクレル/kgを超えた場合は、岩手県に精密検査を依頼し、結果が判明するまで該当食品の使用を中止します。

◆測定結果
表1 安全を確認した食品

品 名 測定日 測定値(ベクレル/kg) 結 果
セシウム134 セシウム137
豆腐(町内産) H24.7.5 - - - 不検出
きゅうり(町内産) H24.7.12 - - - 不検出
米(町内産) H24.7.12 - - - 不検出
じゃがいも(町内産) H24.7.18 - - - 不検出
じゃがいも(町内産) H24.7.18 - - - 不検出
原木生しいたけ(町内産) H24.7.18 - - - 不検出
じゃがいも(町内産) H24.8.23 - - - 不検出


【参考】 一般食品の基準値セシウム134とセシウム137の計 100ベクレル/kg
     牛乳及び乳児用食品の基準値セシウム134とセシウム137の計 50ベクレル/kg

表2 岩手県に精密検査を依頼した食品(食品の使用を中止したもの)

品 名 測定日 測定値(ベクレル/kg) 結 果
セシウム134 セシウム137
           


※精密検査の結果は岩手県のホームページに公表されます。

お問い合わせ

福祉課
(種市庁舎1階), 総合サービス課(大野庁舎1階)
電話:0194-65-5915 , 0194-77-2112