証明などの請求時本人確認を行います

2009年3月25日

 

 町は、平成20年5月から戸籍の証明書や住民票の写しなどの請求の際に、役場窓口での本人確認を行います。
 この確認は、個人情報保護意識が高まる中、不正な個人情報の取得などを防ぐため、改正された戸籍法と住民基本台帳法に基づいて全国で行われるものです。
 本人確認の対象となる手続きや確認の方法などは、次のとおりです。町民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

■実施日 
 平成20年5月1日(木)から
■対象となる証明
 住民票の写し、住民票記載事項証明、戸籍の附票の写し、戸籍の全部(個人)事項証明、身分証明書など

■本人確認の方法
 運転免許証やパスポートなど顔写真付の身分証明書の提示により確認します。顔写真付の身分証明書が無い場合は、健康保険証や年金証書などのうち2点の書類で本人確認します。
 また、代理人が証明書を請求する場合についても同様の本人確認を行うほか、本人の委任状が必要となります。
■その他
 戸籍の異動や住民票異動届などの届け出の際の本人確認は、これまでどおり行います。
■問い合わせ先
 役場町民生活課(種市庁舎)戸籍住民係 TEL65-5914
 総合サービス課(大野庁舎)町民生活係 TEL77-2112
 中野支所 TEL67-2111

 

関連リンク

 法務省民事局(戸籍の窓口での「本人確認」が法律上のルールになりました)

お問い合わせ

町民生活課
種市庁舎1階
電話:0194-65-5914
ファクシミリ:0194-65-4334